生きる力を身につける福祉作業所ボレロ
今、粟原議員と私のところに来ている議員インターンの皆さんと、半日、福祉作業所の『ボレロを訪問。理事長による概要説明ののち、一つのグループの3人は、次の昼食の献立作りと水道筋商店街へ買い物に。もう一つのグループの3人は、今日のカレーライスとサラダの昼食づくり。出来上がった昼食をみんなで一緒にいただき、午後からは、商店街の水道筋店へお菓子づくりに。その後、一時間ほど交流をし、短い時間の訪問を終えた。これから社会に出ていく学生さんに、生きる力を身に付けようと頑張っている仲間がいることを知ってほしかったのが、今日の訪問のねらい。

00:07
こんなときだからこそ、平常心を!
中止・延期・閉鎖・閉館・自粛…………閉塞感溢れる今、例年通りに開催される古本市。とても嬉しいですね。訪ねてください。

22:59
シングルマザーの福祉パス、事実上廃止
シェアさせていただきます。20分という短時間の質疑で、2つの課題を取り上げました。その一つが母子世帯の福祉パスの事実上の廃止。低所得者敬老パス無料券廃止、ともに声をあげにくい人をターゲットにした今回の見直しです。弱者切り捨てです。
【熟年者ユニオン】
3月4日は局別審査第1分科会「子ども家庭局」がありました。最初に、門永三枝子さんが「今回の改悪案は母子家庭に対する子育て支援、社会参加を切り捨てるものです」と陳述を行いました。そのあと、共産党の今井議員は、母子家庭に対する今回の提案は撤回し予算を増やして利用できる交通機関を増やす事などが。
つなぐ議員団からは、小林るみ子議員が、3番目に質疑に立ち「今回の議案は弱者切り捨てであり事実上の廃止だ。」そして有識者会議の問題を指摘。「当事者を交えたうえで考え直すことを強く求める」と発言された。




23:29
高齢者の社会参加を足を奪わないで!
敬老パス・福祉パスの見直しに向けて、維持・拡充を求めて署名運動を展開し、請願・陳情に。今日は、その審査の日。熟年者ユニオン等々の陳述後、審査予定でしたが、神戸市初めての新型コロナウィルス感染者が出たことで、議会は、中止、9日にやることに。でも、皆さん、良く頑張りました。明日は、第1分科会で母子世帯の福祉パスの陳情を受けます。これもまた、アイ女性会議の門永さんが頑張ります。もちろん、第1分科会の委員の私も頑張ります。



23:22
子どもたちをなかまはずれにしないで!
朝鮮学校に「幼児教育・保育無償化」適用を求める講演会「子どもたちをなかまはずれにしないで!」。宋惠淑(そん・へすく)さんの話。3人の子どもを朝鮮幼稚園・学校に通わせているオモニ。話にとても説得力がある。
新型コロナウィルスの感染防止対策で、安倍首相が独断で一斉休校の指示を出した。その余りの社会的影響の大きさに憤りが。その安倍首相による上からの差別とヘイトスピーチ等の下からの差別。二重の差別を受けながら、朝鮮学校の子どもは「なぜ差別されるのか分からない」と。仲間はずれにされてもよい子どもは一人もいないはず。朝鮮学校の子どもたちも、高校無償化制度、幼保無償化制度の対象に!



11:04
極寒の中、敬老パス・福祉パス改悪抗議行動
敬老パス・福祉パスの維持・充実を求めての抗議集会に参加。熟年者ユニオンや年金者組合の皆さんは、署名行動を経て署名を提出しおえ、これから請願・陳情行動に向けて頑張る決意の場に。ことのほか寒い日、その後、市役所周辺のデモ行進に。



20:10
いじめ問題に向き合う場をつくる
第12回たんぽぽカフェ。今回は、いじめ問題を考える です。ご自身の経験を通していじめについて考える…………そんなカフェになりました。さらに、後日、「神戸市教職員組合からの提言」について学びます。色々な場で″いじめ″について考える機会を多く作っていきます。皆で学校を教育委員会を変えていかなければなりません。



この場でも、TV番組「心の傷を癒すということ」の話が出ました。
「心の傷を癒すということ」(安 克昌著)
「安 克昌さんが遺したもの」(河村直哉著)

17:22
生きさせろ!の叫びを受け止めて
この国は″切り捨てる″国。いきづらさを抱えている正規・非正規労働者の、障がい者の、高齢者の、ひとり親の、LGBTの、子どもの「生きさせろ!」の声が聞こえる。
今日は、平和まつりinなだ2020。テーマは、反貧困、そして、未来に希望を!雨宮かりんさんと川元志穂弁護士さんとのトークライブが始まった。参加者250人、満杯の会場。テーマがテーマなので、県内の正規・非正規労働者に積極的に声かけをした。そのかいもあり、結構、若い人の参加も…………。私は、ホワイエでブースの見張り番をしながら参加。


21:21
神戸市会に辺野古基地建設についての意見書採択を求める署名運動スタート
もう我慢できない!「神戸市会に辺野古基地建設についての意見書採択を求める」署名運動が始まっている。多くの沖縄県民が辺野古埋め立てに反対しているにもかかわらず強引に進めようとしている国。地方自治の問題でもある。私たち一人ひとりが問われている。ぜひ、大署名運動スタートアップ集会【主催/よびかけ 神戸市への辺野古請願署名実行委員会】にご参加ください。
?日時 2月23日(日)18時〜
?場所 私学会館大ホール
【写真:市役所1号館1階の琉球寒緋桜】



21:12
差別を持ち込ませない女性同盟とともに
今日は、朝鮮女性同盟の新年学習会に挨拶に。会場には、2世〜4世まで、たくさんの女性の参加。懐かしい方にもお会いできた。つなぐ議員団や日朝議連の紹介、阪神淡路大震災を機に、「朝鮮学校を支える女たちの会」を立ち上げ、朝鮮学校に私学並みの支援を求める署名行動や全壊の校舎の再建に向けてのカンパ行動やハルモニ・ハラボジ人形販売行動を2世の方々と一緒に取り組んだことで、今まで近くて遠い存在だった朝鮮学校が近くてより近い存在になった。その一方で、1条校の分厚い壁の存在を知ったこと等を話した。
25年経った今尚続く差別。高校授業料無償化外し、幼児教育・保育無償化外し等々…………。教育の分野に政治的なものを持ち込むべきではないっ!阪神淡路大震災の署名・カンパ行動の折りのように一緒に取り組もうと挨拶。




21:09
Page: 1/45   >>


携帯用バーコード

qrcode