Entry: main  << >>
「予算特別委員会」総括質疑
1、アスベストの「リスク調査」の参加要請について
【小林】阪神・淡路大震災から19年。当時、復旧・復興作業に携わった労働者が、飛散したアスベストを吸ったことからアスベスト特有のガンである中皮腫を発症する事例が相次いでいます。本格化する時期に入ったと言えます。アスベストは、発症するまでの潜伏期間が十数年から40年と言われてきました。ところが、解体作業に携わっていた労働者が、2008年、胸膜中皮腫を発症し、労働基準監督署に労災認定されました。震災からわずか13年、今までの常識が覆されたのです。その後も、次々と発症者が続き、中には、わずか2か月間、解体作業に携わった人も、また、がれき処理に携わった明石市環境部職員もいました。現在、私たちが把握できている人だけでも5人、この方々は、過去にアスベストに係る職歴もなければ居住歴もない人ばかりです。このような背景の中から、アスベスト問題に取り組む諸団体から、現在、環境省が行っている「アスベストの健康影響に関する調査(いわゆるリスク調査)」に神戸市もぜひ参加するように要請があったと聞いています。
 そこで質疑しますが、元・現神戸市民の健康を守るという立場からも、神戸市としてリスク調査に参加するべきだと考えますが見解を伺いたい。
【神戸市】

 神戸市では、市民の健康管理という面から肺がん検診と結核検診、神戸市アスベスト健康管理支援事業を実施しており、アスベストによる健康被害に不安のある方については、肺がん検診、結核検診の受診を薦めている。それで、要経過観察になったら、アスベスト健康管理支援事業に移り、健康管理手帳を交付し必要な助成等を行っている。アスベスト健康管理支援事業では、年2回検査が受けられ、知見の収集を目的とする環境省のリスク調査とは違った点があり、市としては、市民の健康を継続的に守るという観点から肺がん検診、結核検診、神戸市アスベスト健康管理支援事業でやっていくのがふさわしいと考える。
【小林】

 震災当時は、混乱状態の中で、アスベストに対しては無防備な状態があった。今後、暴露者が増えていく可能性がある以上、今ある検診体制だけでなくもっと強化する必要があると思うがどうか。
【神戸市】
 環境省リスク調査は暫定26年度までで、それ以後のことを考えると、神戸市の制度にのっとってやるのが適切だ。
【小林】
 
リスク調査のメリットとして、検診費用は国の負担で、胸膜プラークの見落としがない、各自治体に読影を行う委員会が設置されており、一定の水準の診断精度が確保される等がある。2014年度は無理でも第3期リスク調査を実施するように国に申し入れてほしい。また、神戸市が対象に指定されるよう検討するべきだ。
*2014年度に大阪市全域を対象にリスク調査がされることが決定した。

2、資源ごみ持ち去り禁止条例案について
【小林】
このたび、「神戸市廃棄物の適正処理、再利用及び環境美化に関する条例」の一部改正に係るパブリックコメントが行われました。寄せられた11件の意見には「空き缶の回収によって生活を維持している人たちにとって、その手段が奪われてしまうことは、直ちに命の危機を招いてしまう恐れがある」等、条例案について疑問を感じる意見が多数ありました。条例化するほどの必要があるのか、全国の自治体による同様の条例化の動きもあり、また、根拠・目的も明らかでなく、安易に一律に条例化に踏み切ろうとしているとしか思えません。
 そこで質疑しますが、あまりに慎重さに欠けた提案は、生活困窮者等の社会的排除に結びつく危険性があると考えますが、見解を伺いたい。
【神戸市】
 
生活困窮者への対応については、就労支援とか生活保護制度ということで、市としては対応しているが、今回の条例改正が生活困窮者の排除にならないよう運用に配慮していきたい。
【小林】

 神戸市のホームレスの方の実態調査では、何らかの収入のある人の92.3%が新聞やアルミ缶の廃品回収で生計を立てている。条例が改正されれば、多くの人がごみ持ち去りの当該者になり、窮地に追い込まれる。そもそも条例案の目的や対象、根拠が不明瞭だ。いつ誰がどれだけの空き缶を持ち去ったのか等の実態調査をしたのか、ホームレスの方の聞き取り調査もしたのか。条例案は時期尚早だ。再検討していただきたい。
【神戸市】
 
市民から一月100件くらいのごみ持ち去りの苦情がある。どのような人物や組織が持ち去り行為を行っているか詳細は把握しにくいが、そのことを防止するための改正案だ。この条例改正のためのホームレスの方の実態調査はしていないが、保健福祉局で毎年調査を行っている。条例施行の10月までの間、丁寧な説明や周知を行っていきたい。


 

 
23:54
Comment








Trackback


携帯用バーコード

qrcode