Entry: main  << >>
学校の事故・事件を語る会に参加して
学校事故・事件を語る会に。何と、会場はフルーツ・フラワーパーク。何年ぶりかなぁ。住友剛先生の基調講演ののち、グループ討議に。指導死・いじめ自死・事故死・後遺症のあるケース等の四つのグループに分かれ、私はいじめ自死のグループに。昨秋の垂水の女子中学生の自死を機にいじめ問題に関わっている。
思い返すのも辛かっただろう、学校・教育委員会・家族・親戚・加害者・その家族等、それぞれにどんな対応をしたのかされたのか、当時のことを懸命に思い返しながら問題点を整理するやり方。明日の学習?で結果報告がある。
たくさんの話を聞きながら、隠そうとする早く終わらせようとする向き合おうとしない学校の姿勢は、被害者を二次被害にあわせることに加害者を誤った形で「守る」ことになるのだと思った。
20:38
Comment








Trackback


携帯用バーコード

qrcode