Entry: main  << >>
命より大事な仕事はない-過労死等防止対策推進シンポジウム-
大東市の介護保険現地調査からそのまま「過労死等防止対策推進シンポジウム」に参加。遺族の力で3年前に成立した「過労死等防止対策推進法」。法が労働現場でいかされているとは言えない今、労働問題・労働条件に関する啓発授業の取り組みの報告など、模索が続く。灘区の製菓会社で働いていた20歳の男性の自死。希望に燃えて入社した初めての職場で長時間労働・パワハラで鬱に……残された親はどんなにか辛いだろう。20歳で亡くなった前田颯人さんは、超過勤務や執拗なパワハラによりうつ状態に。母が「もう仕事を辞めたら」と声をかけると「上司から『辞めたら、お前の高校からは採用しない』と言われている。辞められない」と答えたそうだ。若者を戦場で労働現場で死なせてはいけない。

21:53
Comment








Trackback


携帯用バーコード

qrcode