Entry: main  << >>
遺族に寄り添って再調査を!
垂水区の女子中学生の自死をめぐって、昨年だされた最終報告書を遺族が納得できないとし、再調査を第3者委員会に申し入れたが、拒否された。現在、最終報告書に遺族の所見が添えられ市長預りになっている。今後、市長の判断で再調査が必要とされれば再調査するようになる。
昨日、遺族の代理人が再調査を求める申し入れを市長に対して行った【写真(神戸新聞)】一方、加古川市の第3者委員会が出した最終報告書は、同じようなケースであるにも関わらず充実したものになっている。
今日、神戸市の第3者委員会が出した最終報告書の情報公開請求を行った。恐らく墨塗りの資料が公開されるのであろう。


20:05
Comment








Trackback


携帯用バーコード

qrcode