Entry: main  << >>
「生産性」で人を見る議員に国会議員の資格はないっ!
遅ればせながら、杉田水脈議員辞職を求めて細やかな抗議行動を行いました。以下、自民党兵庫県連に持参した抗議文です。
「自民党兵庫県連会長 谷公一様
杉田水脈議員に今すぐ辞職を求めてください

自民党細田派の杉田水脈衆議院議員が月刊誌「新潮45」8月号に「LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか。」という文を寄稿しました。そしてその後杉田議員は、「LGBTの理解促進を担当している先輩議員が『雑誌の記事を全部読んだら、きちんと理解しているし、党の立場も配慮して言葉も選んで書いている。言葉足らずで誤解される所はあるかもしれないけど問題ないから』と、仰ってくれました。自民党の懐の深さを感じます。『ネットで叩かれてるけど、大丈夫?』とか『間違ったこと言ってないんだから、胸張ってればいいよ』とか『杉田さんはそのままでいいからね』とか、大臣クラスの方を始め、先輩方が声をかけてくださる。」と述べています。
懐の深い自民党は、「(杉田議員の個人的な意見だが)理解不足と配慮を欠いた表現がある」ので「今後十分注意するよう指導した」そうです。つまり、杉田議員個人だけでなく、自民党という党が、今回のような主張を「間違いであって、撤回・謝罪すべきだ」とは考えていないということです。
しかし、寄稿文はどう読んでも、家畜や機械ではない人間に対して、その「生産性」は子供を作ることであると述べています。子供を作らない人間は価値のないものとみなしています。配慮不足による言葉足らずや読み手の誤解などではありません。杉田議員は今までも元従軍「慰安婦」や在日コリアン、アイヌ民族などのマイノリティを侮蔑して、それをニヤニヤと喜ぶネトウヨたちの支持を得てきました。弱者の人権を侵害するヘイトスピーチそのものであり、それを否定しない安倍首相・自公政権は、考え方を同じくするからこそ彼女を比例の単独首位で当選させたのです。

・女性の数は決まっている。産む機械・装置の数は決まっているから、あとは一人頭でがんばってもらうしかない(柳沢伯夫元厚労大臣)
・文明がもたらしたもっとも悪しき有害なものはババァなんだそうだ。“女性が生殖能力を失っても生きてるってのは、無駄で罪です”って。(石原慎太郎元東京都知事)
・(少子化対策を求める女性議員に対して)「子どももいないくせに」「早く結婚しろ」「自分が産んだらいいじゃないか」とヤジ(鈴木章浩ほか東京都議会議員)
・がん患者は「働かなくていい」とヤジ(大西英男衆院議員)
・衆院厚労委の参考人として招聘したがん患者に「いい加減にしろ!」とヤジ(穴見陽一衆院議員)
・子どもは3人以上、産み育ててほしい(加藤寛治衆院議員)
・子どもを4人以上産んだ女性を表彰する(山東昭子参院議員)
・晩さん会に国賓が同性パートナーを伴って出席することに嫌悪感(竹下亘総務会長)
・高齢者の終末医療を「さっさと死ねるようにしてもらわないと」と言い放つ(麻生財務相)
・沖縄・高江の米軍ヘリパッド建設で機動隊員が抗議活動の住民に「土人」と罵声を浴びせたのに対して、これを「差別と断じることは到底できない」(鶴保庸介沖縄担当相)
・国民主権、基本的人権、平和主義…この3つをなくさなければ本当の自主憲法ではないんですよ( 第一次安倍内閣の法務大臣 長勢甚遠)

これら自民党議員による、女性差別・少数者差別の言動には枚挙にいとまがありません。その都度「失言」として片づけられてきましたが、こうした中でも今回の杉田議員は、あまりにも露骨に差別を主張するものです。LGBTだけではなく、未婚者も子供のいない人も高齢者も障がい者も「税金を投入する価値」の無い人であるという主張です。にもかかわらず、こうした言動を否定も非難もすることなく許しているということは、自民党そのものが同じ主張をする党であるということです。まさに人権無視・憲法違反であり、絶対に許すことはできません。杉田議員のような人に税金を「投入する」余裕など今の日本にはありません。直ちにその主張を撤回し、多くの少数者たち、そして多数者たちを傷つけたことを謝罪するよう働きかけてください。そしてその証として今すぐ杉田議員の辞職を求めてください」





22:06
Comment








Trackback


携帯用バーコード

qrcode