Entry: main  << >>
災害大国……六甲山系、これ以上の開発はやめて!
7月の西日本大豪雨で、灘区の篠原台ほ、土砂災害で多くの人の生活基盤を奪われました。現場と避難所を周り、課題を明らかにし、7月末に神戸市に申し入れをしました。そして、昨日、やっと懇談の場を持つことができました。要望項目が多岐に渡っていることもあり、保健福祉局以外全ての局の参加のもと一時間に渡って話し合いました。公聴課の課長さんの頑張りで、小さな会派の申し入れでもきちんと向き合って(懇談内容は別として)いただきました。災害が続く神戸では、災害対策が今後大きな課題の一つになります。12月中旬には、保健福祉局との懇談の場を持つ予定です。



11:36
Comment








Trackback


携帯用バーコード

qrcode