Entry: main  << >>
「いのち」を守る2つの署名運動を展開中
2つの署名運動を展開中。1つは、「踏み切り事故をなくそう」の署名。今年の9月に阪急の踏み切りで電動車イスに乗っていた高齢の男性が亡くなりました。お悔やみ申し上げます。阪急の踏み切りは、灘区内だけでも8箇所あります。過去にも、幼児から高齢の方まで、私の知っているだけでも5人の方が亡くなられています。これ以上の犠牲者を出してはいけないと「踏み切り問題を考える会」を立ち上げ、地域の人を捲き込みながら今、阪急電車に対しての申し入れの署名に取り組んでいます。事務局は、ろっこう医療生協。12月末まで。
もう一つは、75歳以上の医療費窓口負担の2割化反対の署名。これ以上の負担が増えれば、医療機関にかかることを控えてしまい、結果として、長引かせてしまうことにもなります。一方、介護保険サービス利用料も一律一割負担から段階的に引き上げられ、やがて一律二割になろうとしています。介護も医療もお金次第という状況に。2019年2月、3月に、ろっこう医療生協と「安心と笑顔の社会保障ネットワーク」共催の学習会を企画しています。署名は、3月末まで。署名用紙は、ろっこう医療生協各診療所や水道筋のたんぽぽ倶楽部前にも置いています。ご協力ください。

●2月16日(土)14時〜16時
(於:灘区民ホール1階会議室)
●2月17日(日)14時〜16時
(於:神戸市勤労会館404号室)
●3月1日(金)14時〜16時
(於:東灘区民センター会議室1)




11:33
Comment








Trackback


携帯用バーコード

qrcode