Entry: main  << >>
風にも負けず根を張ったたんぽぽに乾杯!
前半の統一地方選が終わって3週間。後始末で忙しくしていました。今日は、選挙戦をともに闘った皆さんとのお疲れさん会でした。
【小林の挨拶】
予想外にも維新の風が吹いた中、前回よりも約700票増え、4636票をいただき、何とか踏み留まることが、議席を守り抜くことができました。一緒に闘っていただいた皆さんには、ポスター張り・全戸配布・電話作戦、事務作業、選挙車への乗車、弁当などの食事の手配等々、見えるところ見えないところで、たくさんの人が一人ひとり力を発揮していただき、それが一つになって、この度の勝利につながったのだと思います。
選挙前には、「75歳の人の医療費窓口負担2割化」の反対の署名をもって、告示日の前日まで、一軒一軒回りました。返信された署名は1651筆。たくさんの人の思いが集まりました。
また、選挙中には、「いじめ問題等、今の神戸市教育委員会は問題が多い。ぜひ当選して教育委員会をただしてください。」と、見知らぬ男性から声をかけられました。この2年半、垂水区の女子中学生のいじめ自死問題に取り組んできたからだと思います。
さらに、選挙後、事務所のノートに「以前は、他の人を支持していたが、いろいろと相談にのってもらったこともあり、普段の仕事ぶりを見ていて、応援をするようになった」と、メッセージが記載されていました。
風に振り回されることなく、しっかりと私を見てくれている人がいる…………それを信じて、16年間の議員活動を、この度の選挙戦を頑張り抜くことができました。
いよいよ6月から5期目が始まります。5期目を私にとっての集大成の4年間にさせていただきます。議会は、ますます右傾化かひどくなろうとしています。全うな政治にするために微力ですが、頑張って参ります」
その後に、4636の数字が飾られたケーキ
登場のハプニング。立川選対委員長をはじめとした参加者全員から、あたたかいリレーメッセージをいただき、賑やかなお疲れさん会に終わりました。ありがとうございました。







23:47
Comment








Trackback


携帯用バーコード

qrcode