Entry: main  << >>
教員によるハラスメント、議員として何ができるのか、
今日は、夕刻から、3年前の垂水区女子中学生いじめ自死事件でお世話になった住友剛先生のお話を聞く会を持った。場所は、神戸市役所1号館「つなぐ神戸市会議員団」の控室。須磨区の小学校での教員による教員のハラスメント事件で、マスコミに教育委員会も議会も振り回される日々。住友先生は、議員として議会として、今程に冷静さを求められるときはない。子どものケア、徹底した調査、そして学校の再建。この3つを同時に進めていく必要性が求められると。議員として議会としてできることに取り組んでいく。まずは、冷静であること。【写真下:控室から見える夕焼け】



22:14
Comment








Trackback


携帯用バーコード

qrcode