Entry: main  << >>
学校とは違うもう一つの居場所
この間、学校でのいじめ問題をきっかけに、閉鎖的な学校、隠蔽体質の教育委員会が問われている。「学校」のもつ矛盾がある限り、学校の再生を待たずして、子どもにとってのもう一つの居場所作りが早急に求められてくる。
今、不登校の児童・生徒が増えている。その子どもは、フリースクールやホームスクールにと、居場所は様々だ。
昨日、兵庫フリースクール等連絡協議会と神戸市教育委員会との話し合いの場をもった。?フリースクールの子どもたちの活動費を補助してください。?フリースクールを利用する家庭への経済的補助を行ってください。?施設利用料の免除等をお願いします?国へ積極的に補助金の申請をお願いします等々の要望項目だ。暖簾に腕押しの回答だったが、「教育機会確保法」の成立をきっかけに、国も前向きな方針を出していることから、今後も、あらゆる場で学校とは違うもう一つの居場所の量的質的な充実に力を入れていきたい。

00:35
Comment








Trackback


携帯用バーコード

qrcode