家族とともに闘い続ける労働者、労働組合
「3.24賃金・単価引き上げ神戸地区決起集会」全県総連・兵庫県建設労働組合連合会の集会。今年は、メリケンパークで。集会のあとはデモ行進。それをあわはら富夫さんと一緒に拍手で見送る。
シュプレヒコール?シュプレヒコール?
●消費税率引き上げ反対!
●医療保険制度の改悪反対!
●住宅リフォーム助成制度の制定を!
●アスベスト被害から仲間を守ろう!
●公契約条例を制定しよう!
●公共工事は地元業者へ!
●賃金・単価の引き上げを!



21:47
女性の目線で市政をチェック-2-
3月29日告示、4月7日投開票の統一地方選挙が始まります。今日は、たくさんの女性や男性との街頭行動を楽しくやらせていただきました。いよいよです。「女性の目線で市政をチェック」「消費増税ストップ」のセイルバナーのデビューです。



21:38
政治の場にもっともっと女性を!
今日、3月8日は、国際女性デー。広く女性の社会参加を呼びかけるための記念日です。ジェンダーギャップ指数は、149ヵ国のうち110位。女性議員の割合は、193ヵ国のうち165位。ちなみに神戸市議会の女性議員は21.7%。まだまだです。女性が正当に評価され、女性の力が発揮されれば、社会全体のプラスになる…………と、皆で訴えました。その流れで、ぜひ、灘区で唯一の女性の予定候補、小林るみ子をぜひにと訴えました。



20:03
女性の目線で市政をチェック-1-
統一地方選挙、1ヶ月を切りました。今日は、プチ決起集会を兼ねた選挙対策委員会。福祉・環境・教育、そして労働………多くの課題に取り組んできたこの4年間……16年間。女性の目線で市政をチェック!5期目の挑戦に向けて決意を述べた。

20:01
ろっこう医療生協「応援をする会」の立ち上げ
ろっこう医療生協の「応援する会」発足会。中央区選出予定のあわはら冨夫さん、東灘区選出予定のきくち憲之さん、そして灘区選出予定の私。それぞれに、医療生協との関わりが深く、組合員はもちろん理事等の役職を担った経験者。有志の組合員が「応援する会」を立ち上げ声かけし、たくさんの方の参加に。私たちの願い……いのち くらし 平和を守る……は、医療生協の願いでもある。

22:39
75歳以上の医療費が2割負担に!???
75歳以上の医療費負担が2割に引き上げられようとしている。万が一そうなれば、当事者の皆さんは、医療機関にかかることを控えてしまう。その結果、病気が悪化することにも長引くことにも。街頭で署名をしていると、進んで署名に応じていただける人が多い。今日のろっこう医療生協灘診療所前での署名行動でも、わずか40分そこそこに42筆集まった。関心の深さがうかがえる。署名用紙の入った返信用封筒も次々と返ってくる。3月末まで続ける。



18:03
阪神淡路大震災から24年。それぞれの思いに浸った一日
阪神淡路大震災から24年。例年に比べ、東遊園地で祈りをささげた人は、少ないように思えた。二人のうちの一人が震災を知らないと言われる今、震災を風化させず、震災の教訓を生かさなければならない。







09:25
リーフレット2019選挙版




09:27
リーフレット2019選挙版

 




09:19
災害から露になった課題の解決に向けて
今年の世相を表す漢字一文字「災」。6月の大阪北部大地震、7月の西日本大豪雨、8月の酷暑・猛暑、9月の台風・北海道地震。わずか3ヶ月あまりにこれだけの災害が続いた広域複合連続災害。日本だけでなく地球規模で、異常気象のもと、災害が頻発に起きている。災害対策に力をいれなければらない。
西日本大豪雨で、私の住む篠原台では、土砂災害が起きた。土留めの緊急対策をとりながら砂防ダムの恒久対策をとることに。7月、現地と避難所の往復で課題を見出だし、神戸市危機管理室に申し入れをし、その後、広範囲にわたる課題だけに、建設局・住宅都市局・区役所との懇談の場を経て、今日は、保健福祉局との懇談を重ねた。福祉避難所=地域福祉センターがどう機能するのか、避難所(体育館等)に空調の設備が必要なのではないか、そもそも住民への周知がなされてないのではないか等々、いくつもの課題が浮き彫りに。今回は、小規模の災害だったが、このままでは、やがて起こるであろうと言われている南海トラフ大地震では、とても対応できるものではない。




13:42
Page: 1/39   >>


携帯用バーコード

qrcode