合同会派【つなぐ神戸市会議員】結成しました
6月11日、合同会派が結成されます。今日は、その記者発表。長い間、粟原議員と私、二人だけの会派で精一杯頑張ってきました。それでも数の力に勝てない悔しさも感じてきました 。
この度、同じ思いを持つ同じ考えを持つ仲間が増え、合同会派を結成する運びとなりました。【つなぐ神戸市会議員団】…………市民と市政をつなぐ、市民と市民をつなぐ、市民と希望をつなぐ、そして命をつなぐ議員で会派でありたいと思っています。ワクワクします。これからがとても楽しみです。

22:59
後世に語り伝えていくことの大切さ
シェアさせていただきます。神戸空襲フィールドワークの日【写真】「神戸市原爆被害者の会」の総会のため、参加できませんでした。平均年齢82歳を超える皆さんは、3年前から来年まで、これが最後の運動と位置付けて「核兵器禁止条約」制定に向けての署名運動に取り組んでいます。その最中、先日、アメリカは核実験を行いました。日本政府は、それに抗議もできず、そもそも唯一の被爆国でありながら「核兵器禁止条約」制定に反対しています。「あなたはどこの国の総理ですか」と、被爆者こら投げ掛けられた安倍首相は、被爆者にこの問題に向き合おうとしていません。怒りを覚えます。「神戸市原爆被害者の会」の皆さんも2世の会を結成し、後世に伝える努力をされています。

12:24
学校事故・事件を語る会
「第95回 全国学校事故・事件を語る会」に参加。この間、いじめ問題に関わるようになって以来、毎年、可能な限り参加している。今日も、全国から当事者、当事者家族、支援者、学生、マスコミ等々、様々な立場の人が集まった。私も、垂水区のいじめ自死問題について発言。話し合いは、第3者委員会のあり方への疑問、教育委員会への不信等に終始した。結論が出る場ではないが、垂水区のいじめ自死問題も一区切りついたものの、学校、教育委員会が、今後、向き合わなければならない課題が山積だ。明日までの日程(於:のじぎく会館)

15:19
「ひょうご労働安全衛生センター」総会
「ひょうご労働安全衛生センター」第14回通常総会が開催された。
第1部の総会では、事業報告、決算・予算の報告がなされた後、阪神淡路大震災から25年の来年、震災時のアスベスト飛散問題についての調査・研究活動を進め、「地震・石綿・マスクプロジェクト」などを通して広く啓発活動を行うなどの事業計画案等が提案された。
第2部は、記念講演「自治体職場における過労死問題を考える」というテーマで、倉吉市の職員の自死をめぐって、労安センターとっとりの笠見猛さんとご遺族の方が講演。倉吉市役所における過重労働と当時の上司によるパワハラに起因するものだが、個人の問題には不介入とする労働組合の態度、パワハラは人権侵害であり死に至るものであることへの(倉吉市や司法の)認識の無さが問題視された。





14:40
戦争させない!9条壊すな!
5月3日の憲法集会。主催者発表では参加者9000人だとか。危機感が迫ってきた今は、踏ん張りどころ。



15:02
たんぽぽ通信4月号

たんぽぽ通信には4月号、掲載しました。

http://tanpopoclub2525.web.fc2.com/tanpopo-2019-4.html

16:23
風にも負けず根を張ったたんぽぽに乾杯!
前半の統一地方選が終わって3週間。後始末で忙しくしていました。今日は、選挙戦をともに闘った皆さんとのお疲れさん会でした。
【小林の挨拶】
予想外にも維新の風が吹いた中、前回よりも約700票増え、4636票をいただき、何とか踏み留まることが、議席を守り抜くことができました。一緒に闘っていただいた皆さんには、ポスター張り・全戸配布・電話作戦、事務作業、選挙車への乗車、弁当などの食事の手配等々、見えるところ見えないところで、たくさんの人が一人ひとり力を発揮していただき、それが一つになって、この度の勝利につながったのだと思います。
選挙前には、「75歳の人の医療費窓口負担2割化」の反対の署名をもって、告示日の前日まで、一軒一軒回りました。返信された署名は1651筆。たくさんの人の思いが集まりました。
また、選挙中には、「いじめ問題等、今の神戸市教育委員会は問題が多い。ぜひ当選して教育委員会をただしてください。」と、見知らぬ男性から声をかけられました。この2年半、垂水区の女子中学生のいじめ自死問題に取り組んできたからだと思います。
さらに、選挙後、事務所のノートに「以前は、他の人を支持していたが、いろいろと相談にのってもらったこともあり、普段の仕事ぶりを見ていて、応援をするようになった」と、メッセージが記載されていました。
風に振り回されることなく、しっかりと私を見てくれている人がいる…………それを信じて、16年間の議員活動を、この度の選挙戦を頑張り抜くことができました。
いよいよ6月から5期目が始まります。5期目を私にとっての集大成の4年間にさせていただきます。議会は、ますます右傾化かひどくなろうとしています。全うな政治にするために微力ですが、頑張って参ります」
その後に、4636の数字が飾られたケーキ
登場のハプニング。立川選対委員長をはじめとした参加者全員から、あたたかいリレーメッセージをいただき、賑やかなお疲れさん会に終わりました。ありがとうございました。







23:47
女性の目線で市政をチェック!-3-
2019年統一地方選、闘い終えました。前回よりも700票ほど増やし4636票に。たくさんの方の思いを受けとりました。ありがとうございました。引き続き頑張ります??















00:08
家族とともに闘い続ける労働者、労働組合
「3.24賃金・単価引き上げ神戸地区決起集会」全県総連・兵庫県建設労働組合連合会の集会。今年は、メリケンパークで。集会のあとはデモ行進。それをあわはら富夫さんと一緒に拍手で見送る。
シュプレヒコール?シュプレヒコール?
●消費税率引き上げ反対!
●医療保険制度の改悪反対!
●住宅リフォーム助成制度の制定を!
●アスベスト被害から仲間を守ろう!
●公契約条例を制定しよう!
●公共工事は地元業者へ!
●賃金・単価の引き上げを!



21:47
政治の場にもっともっと女性を!
今日、3月8日は、国際女性デー。広く女性の社会参加を呼びかけるための記念日です。ジェンダーギャップ指数は、149ヵ国のうち110位。女性議員の割合は、193ヵ国のうち165位。ちなみに神戸市議会の女性議員は21.7%。まだまだです。女性が正当に評価され、女性の力が発揮されれば、社会全体のプラスになる…………と、皆で訴えました。その流れで、ぜひ、灘区で唯一の女性の予定候補、小林るみ子をぜひにと訴えました。



20:03
Page: 1/40   >>


携帯用バーコード

qrcode